ダビング10再生

「コピーワンス」方式では、ユーザーがHDDに一旦録画した番組をDVDなどの記録メディアにコピーする場合、放送番組が内蔵HDDに録画された時点で、1回コピーしたとカウントされるため、DVDメディアにコピー後にHDD内の録画番組データを消去するムーブ(移動)動作となるように設計されました。又、アナログ方式では理想的なコピー防止対策が技術的に困難でしたが、デジタル方式では高度なコピー制御が可能になったことも背景にあります。更に、録画番組の再生にCPRMに対応した機器を使用しなければならないことや、DVDメディアにコピーした番組をさらにコピーすることができないことも加わり、「コピーワンス」に対する消費者の不満がつのりました。 このような状況を改善するため、情報通信審議会での放送事業者、メーカ、著作権利者及び消費者の各代表による審議を経て「ダビング10」方式を導入することとなりました。これは、アナログ放送ではコピーすると映像品質がノイズ等で元のものより劣化するのに対し、デジタル放送ではコピーしても映像品質の劣化が生じないため、コピー制限がないと著作権の侵害の度合いが大きいと考えられたからです。 アナログ放送では、録画した番組は何回でもコピーすることができましたが、デジタル放送では放送局や番組の著作権者にコピー制限を強めたい意向がありました。ところが、DVDメディアに録画番組の書き込みが完全に行われたかどうかを確認せずに、書き込み作業が終わると同時にHDD内の録画番組が消去されることがあり、その場合、DVDメディアへの書き込みに失敗すると、せっかく録画した番組が失われてしまう事故が発生します。 その結果、デジタル放送では、1回だけコピーできる「コピーワンス」方式が導入されました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。