ダビング10がもたらすもの

地上デジタルテレビジョン放送、そしてダビング10。 これらがもたらすものとして最も社会的な影響が色濃く見えるのは、恐らく経済効果ということになるでしょう。 地上デジタルテレビジョン放送に完全移行するに当たり、これまで10年以上テレビを買い換えていなかった人も、1年以内に買った人も、みんなテレビを買い換える必要があります。 そして同時に、録画機器に関しても、2005年以前に買ったものは全てワンスコピーとなるので、買い換える人が大半となるでしょう。 これらによって、テレビやレコーダーなどが確実に大きくシェアを伸ばします。 それはつまり、各メーカーの競争が激化する事を意味します。 各家庭、この転換期に買い換えるに当たって、今まで使っていた映像機器のメーカーが現在、そして今後どういった商品であるかという点に関し、見直す機会が生まれるのです。 それによって、これまでの勢力図が一変する可能性すらあります。 Blu-ray Discが規格競争で勝利した事により、ソニーが大きくそのシェアを伸ばし、東芝が苦戦する事が予想されます。 しかし、Blu-ray Discがどこまで普及するかは未知数です。 この図式が必ずしも当てはまるとは限りません。 各メーカー、地デジへの転換、ダビング10への転換を期に、デジタル部門の見直しを行なっています。 これまでこの部門に対しあまり力を注いでいなかったメーカーが台頭する可能性もあるし、全く無名だったところが一気に注目を浴びる可能性だってあります。 ある意味、ダビング10がもたらすものは、かつてない家電戦争と言えるかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。