ダビング10が与える影響

2008年7月より、ダビング10が運用開始となりました。それまでに、ダビング10という仕組みと制度について、じわじわと浸透させておく必要があります。この頃には、既に新商品に関してはダビング10完全対応となっているでしょうが、それでも10回しかコピーできない事への不満が一気に噴出する可能性は窮めて高いです。しかし、年金引き落としなどに見られるように、そういった政策は中々上手くいかないのが現状です。 各メーカー、それまでにダビング10に対する影響を抑える為、フォロー体制を完備しておく必要があるでしょう。まず、2008?2009年の段階に関して言えば、はっきり言って特に何もないと思います。この時期は、まだ地上デジタルテレビジョン放送だけではなくアナログ放送も放映されており、多くの人がまだアナログ放送を利用しているので、ダビング10自体それほど一般には浸透しないというのが現状だと考えられます。 。では、このダビング10が今後与える影響とはどういったものが考えられるでしょう。これまで、地上デジタルテレビジョン放送においてはワンスコピーという一度しかコピーできない仕様だったものが、10回までコピーできるようになります。 。更に、地デジが始まる一年前くらいに大きなトラブルが発生してしまうと、なおさら問題視される事は間違いないでしょう。その一方、地上デジタルテレビジョン放送への完全以降となる2011年7月まで一年を切る辺りから、かなり大きな影響が生まれるかと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。