日立のダビング10対応録画機器1

一体型テレビをダビング10対応とするメーカーは他にほとんどなく、日立が一体型ハイビジョンテレビに非常に力を入れている事がこの事実からもわかります。というのも、日立はレコーダー単体での生産は行なわなくなった一方、ハイビジョンテレビに録画機器を搭載した一体型を数多くリリースしているからです。日立製作所は、日本の電気機器メーカーの一つで、総合電機、重電に関して特に大きなシェアを誇っている会社です。 今後、日立はBlu-ray Discレコーダーの販売していくようです。そんな日立は、WoooというブランドでDVDレコーダーを製造、販売していました。この姿勢を見るに、この段階においてはデジタル部門に対して非常に意欲的な姿勢を見せていましたが、2007年9月以降は自社開発および生産から撤退しており、日立は事実上デジタルレコーダーの最前線からは姿を消しました。 ダビング10を契機に、新たな展開を迎えるという事ですね。もちろん、それはダビング10対応機種となります。そんな日立ですが、ダビング10への対応に関しては、比較的積極的に行なっています。 日立は早々にデジタル放送対応の機種を手がけており、2005年という他の会社がまだ開発途中だった段階において、既にデジタルチューナーの搭載されたモデルを販売しています。ダビング10に対応する事によって、それを印象付けるという狙いもあるでしょう。設立から90年近く経過した老舗で、エアコンや洗濯機、掃除機といった部門においては非常に高いブランド力を誇っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。