東芝のダビング10対応録画機器2

東芝が録画機器の既製品の中でダビング10に対応すると発表したのは、2007年に発売された5種類のDVDレコーダーと、2008年に発売された4種のDVDレコーダーです。これらの機種は「VARDIA」の名称で親しまれているHDDとDVDレコーダーを一体化させた商品で、東芝の主力レコーダーとして売り出されている物です。 元々東芝はダビング10への対応に関しては早くからの段階で約束していたので、積極的な対応が期待されていましたが、2006年までに販売された商品に関しては、フォロー範囲外ということになったようです。これらに加え、2008年5?6月に発売された「RD-S502」「RD-S302」「RD-X7」「RD-E302」の4種が、運用時の東芝のダビング10対応機種となります。 「RD-E301」はVHS一体型になっているので、昔撮ったビデオテープがあるという家庭にはありがたい商品と言えるでしょう。まず、2007年10月に発売された「RD-E301」「RD-W301」、そして11月に発売された「RD-S601」「RD-S301」です。 何故HD-DVDを……と思う方もおられるかもしれませんが、この「RD-A301」はDVDへのHD-DVD記録機能もついているので、ダビング10対応機種に含まれたと思われます。この4種に加え、2007年12月に発売された、同じく「VARDIA」であるHD-DVDドライブ搭載のハイビジョンレコーダー「RD-A301」に関しても、サポートの対象内となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。