シャープのダビング10対応録画機器2

Blue-rayがかなり浸透してきている近年ですが、まだ価格面で購入に踏み切きれない人も多く、DVDレコーダーの需要は今後も当分減る事はないかと思います。よって、必然的に既製品のダビング10へのアップロードが主流となるのでしょう。 Blue-rayレコーダーのダビング10へのアップデートが2種に留まるのに対し、DVDレコーダーに関しては2007年以降にリリースした15種類ものレコーダーのアップロードを可能にしています。しかし、新製品に関しては、どうしてもBlue-rayの方が増えるのに対し、こちらは減っていく傾向にあるでしょう。 ダビング10へのアップロードが可能なシャープの既製録画機器は、2007年2月に発売した「DV-ACW60」「DV-ACW55」「DV-ACW52」「DV-AC55」「DV-AC52」、同4月に発売した「DV-ACV52」、同8月に発売した「DV-ACW80」「DV-ACW75」「DV-ACW72」、9月発売の「DV-AC75」「DV-AC72」そして2008年3月に発売した「DV-ACW90」「DV-ACW85」「DV-ACW82」「DV-AC82」となっています。そういった状況では、ダビング10に対応するDVDレコーダーの新発売はあまり多くはないと言えるかもしれません。 。これは、Blue-rayレコーダーの持ち主に関しては、新商品のアピールを行うのに対し、DVDレコーダーの持ち主に関しては、幅広いフォローを行なうことを目的としていることを意味するのでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。