パナソニックのダビング10対応録画機器2

パナソニックでは初のBlue-rayレコーダーとなった「DMR-BW200」「DMR-BW100」は2006年11月発売で、かなり高額な機種となっています。700はHDD250G、800は500G、900は1T(1000G)となっています。そして、2008年にBlue-rayレコーダーとしてはかなり価格を抑えた低価格モデルとして発売されたのが、「DMR-BR500」です。その後、2007年11月1日に発売されたDIGAが「DMR-BW900」「DMR-BW800」「DMR-BW700」です。 100の方はHDD容量が200G、チューナーが一つなのに対し、200は500G、チューナー×2となっています。ダビング10へのアップデートが可能なDIGAは、いずれも親しまれてきた機種ばかりです。業界で初となるBD-R4倍速対応のドライブ搭載ということで、話題になった機種ですね。 DIGAをお持ちの方は必ずダビング10へのアップデートを忘れないようにしてください。そのうち、Blue-rayレコーダーは全部で6種です。パナソニックの既製品のうち、ダビング10にアップロード可能な録画機器は全部で23種あります。 DIGAの名称で親しまれているシリーズですね。それまでの半額くらいの値段だったこともあり、この機種を持っている人はかなり多いのではないでしょうか。チューナーが2つあると2番組が同時に録画できるという事もあり、「DMR-BW200」は高額ながら人気を博しました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。