ソニーのダビング10対応録画機器3

Tシリーズはスタンダードモデル、Lシリーズはカメラとの連携重視、Xシリーズは高品位再生向けという区分です。このうち、「BDZ-V9」「BDZ-V7」に関しては、2006年12月上旬に発売されたタイプです。ソニーの製品でダビング10運用前に発売された録画機器のうち、アップグレードによってダビング10対応となるBlue-rayレコーダーは、「BDZ-X90」「BDZ-L70」「BDZ-T70」「BDZ-T50」「BDZ-A70」「BDZ-T90」「BDZ-V9」「BDZ-V7」の8タイプです。 「BDZ-A70」「BDZ-T90」は、ダビング10運用が始まる直前の2008年4月30日に発売された機種です。また、V9はホームサーバー機能、おでかけ・おかえり転送がついているので、PSPとも連動しているタイプです。これらが、ダビング10対応アップグレード可能なBlue-rayレコーダーとしては最も古いタイプの物という事になります。 「BDZ-X90」「BDZ-L70」「BDZ-T70」「BDZ-T50」の4種に関しては、いずれも2007年11月8日に発売された機種です。それぞれHDD容量が異なり、右から順に500G、320G、320G、250Gとなっています。T90はT50/70のHDD容量増量版(500G)なのに対し、A70は携帯端末との連携を重視した機種です。 HDD容量がそれぞれ異なり、V9は500G、V7は250Gとなっています。これらのBlue-rayレコーダーを持っている人は、確実にアップデートしておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。