ソニーのダビング10対応録画機器2

上位機種に当たる「RDZ-D900A」には、おでかけ・おかえり転送という機能が付いていて、HDDに録画した番組をメモリースティックに転送することで、携帯用ゲーム機「PSP」での再生が可能となっています。そして、ダビング10が運用されて若干経った2008年7月中旬に開始されるのは、「BDZ-V9」「BDZ-V7」「RDZ-D900A」「RDZ-D800」「RDZ-D700」の5つとなります。 「RDZ-D900A」「RDZ-D800」「RDZ-D700」は、2006年11月1日に発売されたDVDレコーダーで、2つのデジタル3波対応チューナー、アナログ地上波チューナーを搭載しています。その内、ダビング10が運用される2008年7月上旬にデジタル放送ダウンロードが開始されるのは、「BDZ-X90」「BDZ-L70」「BDZ-A70」「BDZ-T90」「BDZ-T70」「BDZ-T50」の6つです。 ソニーがダビング10のソフトウェアアップグレードにタイプすると発表した機種は、全部で11あります。「RDZ-D700」は、HDD容量が250Gで、他の二つが400Gとなっています。 PSPを持っている人の中には、これらの商品を購入した人が多いのではないでしょうか。この中で、「RDZ-D900A」「RDZ-D800」「RDZ-D700」という機種はDVDレコーダーに該当し、「BDZ-X90」「BDZ-L70」「BDZ-T70」「BDZ-T50」「BDZ-A70」「BDZ-T90」「BDZ-V9」「BDZ-V7」はBlue-rayレコーダーに該当します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。