ダビング10の問題2

地上波は全てフォローしているものの、WOWOWなどの有料放送に関しては、コピーワンスになってしまうというのがダビング10の現状です。これはあまり使い勝手のいいことではありませんよね。これができないという事は、元データが消えてしまったら、もうコピーはできなくなるという事になります。この孫コピーというのは、コピーした元データではないデータを更に別の媒体にコピーするというものです。 元データが消失する可能性を考えると、一度の孫コピーは許可して欲しいというのが本音ですね。有料放送だからコピーする必要はない、なんて言う理屈があるわけでもないのですから、このあたりに関してももう少し柔軟性を持って欲しいものです。ただ、孫コピーも含め9回まで、とすれば、この観点でのマイナス面はなくなります。 ダビング10の問題点の一つに、いわゆる孫コピーができない、というものがあります。犯罪防止としてダビング10を利用する以上、孫コピーを規制しないことにはあっという間に大量複製が可能となってしまうからです。つまり、「A→B、A→C」ではなく「A→B→C」というコピー方法ですね。 ダビング10の問題として他に挙げられるのが、有料放送への未対応です。これに関しては、問題というよりは意図的に規制しているといった方が良いでしょう。例えば、サッカーの試合を録画した時、それを数人の友人からダビングして欲しいと頼まれても、できないのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。