ダビング10の今後

ダビング10が今後、更に規制緩和される可能性はあまり高くないでしょう。とはいえ、あまりに一般ユーザーからの不満が大きいと、メーカーとしても考えざるを得ないでしょう。しかし、これまでできた事ができなくなるというストレスは、人によっては非常に不満を覚える要因となります。しかし、まだこのダビング10に不安を抱いている人も少なくありません。 ダビング10が運用され、録画機器の新しい規制に関しては一応の決着を見た形となりました。それは、ユーザーもそうだし、メーカーもそうです。よって、2011年以降、ダビング10が表舞台でお披露目されるに当たり、大きな問題に発展する可能性はあまり大きくありません。 実際問題、普通に生活していく中で、同じ番組、同じプログラムを10回以上コピーする機会はほとんどないといってもいいでしょう。この点に関しては、今後緩和される可能性もあるかもしれません。これまで自由にできた事ができなくなるという点で、非常に大きなストレスが発生する可能性があるからです。 一番の問題は、10回しかコピーできない事より、HDD搭載の録画機器でないと、ワンスコピー解除とならない点です。いずれにしても、ユーザーの意向を反映していない段階でのダビング10は、ユーザーに優しい規則とはいえないかもしれません。というのも、既に一度大きくもめており、延期までしてようやくこぎつけているだけに、再び見直すというのは考えにくいからです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。