ダビング10の前に

ダビング10とは何か?
それを語るには、まずその大元となる地上デジタルテレビジョン放送についてご説明する必要があります。
ダビング10と地上デジタルテレビジョン放送、通称「地デジ」には密接な関係があるからです。

地デジの名称に関しては、すでにかなり浸透している一方、一体どういう仕組みなのかわからない人も多いかと思います。
よって、ここでは地デジについてご説明します。

現在の地上波放送は、1953年から現在にかけて、UHFチャンネルと呼ばれている電波のみを使用したアナログ方式で放送されています。
これに対し、もっと他の電波も有効利用使用ということで、アナログ方式からデジタル方式に変えて、より鮮明で美しい放送にしようというのが、地デジと呼ばれる地上デジタルテレビジョン放送なのです。

これは単に質を上げるというだけではなく、デジタル化によって電波を圧縮してスペースを生み、次世代機器に電波を譲るという意味合いもあります。
よって、現在のアナログ方式にしか対応していないテレビは、このデジタル化が完全に進み、アナログ放送終了する2011年7月24日以降は、地デジ用の新たにチューナーを導入しないと、一切テレビを見る事ができなくなります。

ダビング10は、この地上デジタルテレビジョン放送の録画形態に関して、新たに設けられたルールです。
ある意味、技術が発達していろいろな事ができるようになった現代の弊害を抑える為の制度と言えるかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。