地上デジタルテレビジョン放送の録画規制

デジタルデータのコピーは短時間に大量に作れるので、海賊版流出などを規制する為にも、必要だという判断がなされたのです。ここで重要なのは、従来のテレビが使えなくなるという事は、その周辺機器として最も普及しているビデオ・DVD・HDDといった録画用機器はどうなるの? というところです。それは、ダビングが制限されるということです。

ただこのダビング10も、一度はまとまる流れがあったものの、まだ問題があるという意見が多く、中々確定せず、迷走は長く続きました。しかし、それではあまりにも使い勝手が悪いということで、各方面からブーイングが飛び交った結果、それではもう少し緩和しましょうということで生まれたのが、ダビング10という案です。これも、地上デジタルチューナーを買えば外部入力という形での録画は可能です。

一つの事を決めるのにこれだけ時間がかかるのも、ダビング10がそれだけ難しい問題だからと言えるのでしょうね。ただ、機器とは別の面で、これまでとは違う形が生まれています。この規制の為に、総務省の「情報通信審議会 情報通信政策部会・デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」というやたら長い名称の委員会が、デジタル放送の録画はダビングなしの一回きりだ、という制度を作りました。

地上デジタルテレビジョン放送が始まるということに関しては、もうテレビや新聞等で何度も説明されているので、知っている方も多いかと思います。これはコピーワンスと呼ばれるルールです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。